Logo

Brand Purpose

サンダストの存在理由

Be Your Legacy

世界に一つしかない“モダンヴィンテージ”の鞄で、
自分だけの歴史を創る。

ジーンズ、靴、家具、財布のように、本当にかっこいい本物を知る男は、いかにもピカピカなモノではなく、
少し年季の入った重厚で深みのあるものを愛用しています。

しかし、世にあふれているのは、ピカピカのヨーロッパ製の鞄ばかり。

そして、そういった高級ブランドが、ちょっとしたキャンパス生地にロゴを施すだけでばかばかしいほどの高い利益を上乗せしていて、
しかも今や多くの製品がヨーロッパやアメリカでは実際は作られていないことは有名な話です。

誰かと同じ服を着て、誰かと同じ鞄を持つ。そんな人生でいいのでしょうか。
もっと、自分らしい鞄。自分を表現できる鞄。他人が持っている鞄とは圧倒的に違うもの。

あなたを、人生の主人公にするような、存在感のある鞄… 。

そんな思いから、ロサンゼルスで生まれた Sandast(サンダスト)。
モダンテイストを取り入れたヴィンテージ加工は、他のブランドと一線を画します。
一つ一つ表情が違い、世界に一つとして同じものはない。

Sandast の鞄で、自分だけの歴史を創る-。

Be Your Legacy

Brand Promise

サンダストが約束すること

本物を知るあなたには、ありきたりなブランドを使って欲しくない、という想いから、
世の中に流通している鞄とは根本的に違う、3つのことを約束します。

Pht concept 01

ビンテージルックを生み出すMade in LAのハンドメイド

10年以上の研究によって編み出された、門外不出の秘密の加工技術を用い、同じものは 世に二つとないエイジングレザーの質感を生み出します。アメリカンヴィンテージに精通した熟練の職人が、採算を度外視した膨大な手間暇をかけて、 革の加工から縫製まで一つ一つ完全なるハンドメイドで仕上げています。

Pht concept 02

数量限定

ありきたりなブランドになりたくない、という想いから、生産数を限定しています。

Pht concept 03

素材へのこだわり

世界中から選りすぐりの最高品質のレザーと金具を使い、何世代にもわたって愛用頂ける耐久性・デザイン性を実現します。革に関しては、世の中に出回っている革製品の80-90%はクロムなめしレザー>を使っている中、サンダストは人体や環境に優しい植物タンニンレザーを使用しています。

Product Material Detail

マテリアルについて

ホーウィン社(1)の、革新的テクノロジーと伝統的テクノロジーを融合させて生まれた、特別なコーハイドレザー(牛革)を使用。ホーウィン社の伝説的な「シェル・コードバン」レザーをなめす(2)のに使われるリキュールを使用して、100%フル植物タンニンなめし(3)を施す。

その後、数種類のオイル、油脂、ワックスなどを融合させ加えることで、革の耐久性を格段に上げている。 見た目はさながら触った感触でも分かるほどの<重量感>と<質感>、更に柔軟性、耐久性、撥水性までも備えたレザーとなり、クロムなめし(4)のレザーとは一線を画す出来となっている。

1) ホーウィン社

1905年アメリカ、シカゴにて創業。2005年には100周年を迎え、欧米の中でも有数の最高級の皮革をつくることで、その名声を高める。オールデンやレッドウィングなど一流ブランドがその革を使用。

2) なめしとは

動物の皮は、そのままだと固くなったり腐敗してしまったりする。これらを防ぎ、皮を柔らかくして耐久性を加え、皮革として利用するために必要な作業がなめしである。なめし加工を施すことにより、単に動物の皮膚だった“皮”から、製品に使われる“革”へと変化する。

3) 植物タンニンなめしとは

  • 植物タンニンを使って、皮をなめすこと
  • タンニンとは多くの植物中に自然に含まれている有機化合物で、植物の木質部、樹皮葉、実、根に存在する(植物に多く含まれるポリフェノールの一種=渋み)
  • 比較的硬く丈夫で重たい革になる、また、光などの刺激によって色が濃くなるので使い込むほど味が出てくる(経年変化を楽しめる)
  • タンニンを使ったなめしは、タンニンを革の中心部分に浸透させるために、タンニンの濃度を徐々に上げる必要があるため、工程数が多くなり、30以上の工程を踏まえる必要がる。1ヵ月以上の時間を要する職人技が要求される。
  • タンニンなめしは自然の素材によるなめし方法であるため、安心安全であり、人体や環境にも優しい。植物タンニンなめし革は廃棄されても土壌で微生物により自然に分解される。

4) クロムなめしとは

  • 硫酸三価クロム塩を主原料としたなめし方法。日本でなめされている革の80~90%はクロムなめし。
  • クロムなめしは、原皮を酸に漬けて、なめし剤を浸透しやすくした後に、なめし剤(三価クロム塩を主成分)を使って皮をなめす。
  • 工程管理が容易(早いもので1日、長いもので5日間ほどで完了)で、薄く伸ばすこともできるため、生産効率が良く、大量生産・販売に向いている。
  • クロムなめしの革は、柔軟性、弾力性、染色性、軽量性に優れていると言われている。
  • クロムなめしの革は、最終的に焼却の際、三価クロム塩が、人体に有害な六価クロム塩に変化するので自然環境に問題が残る場合がある、と言われている。
  • クロムなめしを施した革製品から、金属アレルギーによりかぶれなどの接触皮膚炎が報告されているケースもある。

ジップ

Pht concept 06

スイスの最高級ジッパーメーカー、RIRI。YKKよりも20倍近く値が張ると言われている。
基本的にはあまり見かけることのないジップで、ハイブランドの衣類によく使用されている。
高いデザイン性だけでなく、スイスメイドならではの頑丈さと耐久性、噛み合わせの良いスムーズなジッパーの取り回しも兼ね備える。

Pht concept 07

ゴールドフレーム

イタリアの伝統的工場で作られる、大変頑丈なフレーム。

Pht concept 08

バックルなどの金具

フランスの伝統的工場で作られる、最高級の金具。

Pht concept 09

イタリアの伝統的工場で作られる、アンティーク調の最高級の錠。

ワックスド・キャンパス

Pht concept 10

フェアフィールドテキスタイル社製のワックスド・キャンバスに、MARTEXIN社によって1930年に開発されたワックスで加工。キャンバス繊維の呼吸を維持しながら撥水性を高めるため、蒸れにくく水分や>汚れからキャンバスを守る。フェアフィールドテキスタイル社:アメリカ・ニュージャージー州で、1838年の創業。ワーカー、ファーマー、冒険家、兵士、アウトドアマンなどによってテキストされた同社の生地は、最高水準の 品質を誇ります。

Brand Logo

サンダストロゴへの想い