title_mv003

subtitle_mv003
 
ph_mv02_001_1024x500 

毎日いくつもの鞄が職人の手によって作られていくSandastの工房。その片隅に、様々な大きさの型紙が吊り下げられています。これらはすべて、Sandastのモダン・ヴィンテージの鞄づくりに欠かすことのできない設計図。

革の寸法だけでなく、金具を留めるためのリベットの位置も詳細に記されたこの型紙が、ブランド開始当初から今に至るまでの、すべての鞄の形を記憶しています。

 
 
ph_mv02_003_1024x500 

サンプルの制作時以外は革の裁断を機械で行うブランドが多い中、これだけの型紙を毎日使っているブランドはそうないでしょう。職人の手作りにこだわるSandastならではの光景がここにあります。

一枚一枚、職人が手作業で革をカットしたり、穴を空ける際にガイドとして使う型紙。長いこと使いこまれた型紙の中には少し角が丸まっているものも。でも、それは数多くの鞄がその型紙を元に生み出された証。いわば型紙にとっての勲章です。

 
 
ph_mv02_002_1024x500 

鞄の形だけでなく、自らを元に作られた鞄の数まで記憶している型紙。Sandastの歴史が詰まったこの型紙を手に、職人は今日も最高のモダン・ヴィンテージの鞄を一つずつ手作業で作り出しています。

Sandastの鞄を手にする際には、そんな使い込まれた型紙にも思いを馳せてみては。きっと、鞄の制作工程すべてに革への愛情と手作業へのこだわりが溢れている工房の雰囲気を感じていただけると思います。

 
 
bond_j_300

手作業が生きる最高のモダン・ヴィンテージ、バーボンJr >
 
Sandast商品一覧 >

  • Twitter
  • FaceBook
  • Google+